本当の健康住宅とは自然素材の有無にあらず。住んでから家中を除湿してカビやダニを予防できる高気密住宅のことです(・∀・)

おすすめ書籍

NO IMAGE

おすすめ書籍

高気密高断熱住宅にはさらに先の世界に進んでいます。ただし、そこに到達しているのは大手ハウスメーカーではなく、極一部の高気密高断熱住宅を専門としている技術力の高い設計事務所やビルダーです。

なぜなら、大手ハウスメーカーはHEMSや太陽光パネルなど大掛りなハイテク装置を満載していますが、いずれも補助金ありきの省エネを目的とするものあり、住み心地が良くなるものではないからです。要は大手は補助金が付かないと動かないのです。

一方、中小のビルダーは開発の小回りが利くため、エアコンなどのローテクを使って省エネかつローコストに住み心地の良い家を作るチャレンジをしています。大手とは違って施主と合意の上で工夫に満ち溢れた実験棟のような家を作っています。

しかし、大手ハウスメーカーの家でも気密測定をしてC値が1.0cm2/m2以下が保証できる場合は、設計次第で中小ビルダーの工夫に満ちた先進的な技術を取り入れる事ができます。ただし、そのためには施主側に知識が必要です。

施主に必要な知識は、家の建て方と気密・断熱・結露・防蟻についての知識があると良いと思います。ただ、無垢の木や漆喰といった自然素材や通風によるパッシブデザインを謳った本は全館空調を基本とする私とは相性が良くなかったです。

グラスウールはダメとか外断熱でなければならない等、飛躍した理解をせず、木造住宅は防湿するか透湿するか壁内の結露を防げれば充填断熱でも問題ありません。外断熱でもバルコニーは熱橋になります。

通常の住宅関係の本に紹介されている家は、世間のいうスマートハウスやエコハウスと言われている、実際に測定すると残念な場合や全然エコではない家が多いため、ぜひ騙されないようにご注意してください。

フラット35住宅工事仕様書

家の構造を知るには良い教科書だと思います。

i-シリーズなどの枠組工法用です。

省エネ基準を根本からを知りたい方はIBECの『住宅の平成25年省エネルギー基準の解説』を購入してください。私も過去に1つ前の省エネ基準である平成11年の次世代省エネ基準のバージョンを購入して勉強しました。