玄関結露防止システム

応援ポチッとお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ


冬は玄関が冷える

冬は玄関が冷えてそこから室内に冷気が居室側に流れ込んで来ます。玄関ドアや土間が結露する場合もあります。一条工務店の寒冷地仕様の場合は玄関土間まで床暖房が入るようですが、温暖地同様に基礎立上部分の無断熱は変わらないため玄関ドアや土間が結露する場合があるようです。

玄関ドアは断熱性能が低い

一条の家の玄関ドアは分厚いため、非常に断熱性能が高いと誤解されがちですが、K1.5仕様であってもトリプルサッシの半分程度の断熱性能しかありません。玄関ドアの面積の大きさと玄関土間の断熱不足により、冬は玄関から冷気が発生し一階の部屋に流れてきます。

玄関を居室とドアで隔てて独立させて居室側に冷気が来ないようにする事も手ですが、それだとさらに玄関の温度は下がって玄関ドアや土間が結露しやすくなります。本稿では居室の住み心地を低下させないと伴に玄関結露の防止を考えてみたいと思います。

玄関にエアコンを設置して暖房する

これが一番贅沢な対策です。雪国の玄関にストーブがある光景を見た事があり、こうする事で室内側に冷気が流れ込むことを防止していました。ただ、玄関は換気経路から外れているため、玄関で暖めた空気はRAから吸い込まれ1割程度の熱がロスガードから室外に捨てられてしまいます。

玄関に居室から排気が通るように設計する

これは省エネプランです。居室方面の排気は廊下を通って階段から上がりRAに吸引されるルートが一般的でしょう。排気経路を居室から玄関を通るように設計すれば、玄関の温度が冷えすぎないです。

そのためには居室側から玄関土間に向けて風を送るシステムを作る必要があります。これは浴室に給気する事と全く同じ考えですが、シロッコファンを使って居室の空気をダクト経由で玄関土間に送風する手段です。ただ、ダクトにアルミダクトを使うと音が響きますから、グラスウール等の消音ダクトを利用した方が良いと思います。

どうせRAから排気するなら、その前に居室から浴室や玄関に空気を通過させようという発想が必要で、重要なのは湿った床や冷える床面に空気が通るように天井から土間方向に風が届くように設計しないと効果がでないと思います。

例えば、居室側に排気のシロッコファンを付けてダクト経由で玄関土間収納の天井に付けた給気口から居室側の空気を流してあげれば、居室 ⇒ 玄関 ⇒ 階段 ⇒ RAから排気、となり、玄関の温度が大きく下がる事を防止できます。

我が家は具体的にはキッチンの冷蔵庫の裏が玄関土間収納になっているため、冷蔵庫の裏の壁の上部が空いているため(高い腰壁)キッチン側天井の暖かい空気が玄関土間収納に流れるようになっています。

土間収納の天井にサーキュレーターを付けており、天井から床に向けて空気を送り続けることで、玄関土間の温度低下を抑制しています。これにより玄関ホールの床温度が上昇してとてもコールドドラフトの発生を抑えることが出来ました。

お役に立ったらポチッとお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ

カテゴリー

プロフィール

どーも、フエッピーです(・∀・)
日常のブログはこちら
本サイトは一条工務店応援サイトでありながら、一条工務店とは全く関係はございません。なお、ブログの内容に関しては自己責任で判断してご利用ください。
PAGETOP
Copyright © 24時間全館冷房 F条工務店 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.