商品紹介

  • HOME »
  • 商品紹介
参考になりましたらポチッとお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ



注文住宅を三軒建てて分かった事

本稿では我が商品である高気密高断熱住宅+格安全館冷暖房について紹介します。

夏に関して言えば、昔は室温さえ下がれば良いと考え、窓を開けて通風できるように家の設計をしました。ただ、ダニの発生を考えると温度だけでなく湿度を常時60%以下に保つ事が大切である事に気が付きました。

そして、小型エアコンでの格安の全館冷暖房に出会った事により窓を1年中開けない北方型の生活が温暖な本州の高気密高断熱住宅においても適していると確信するに至りました。快適な上にエアコンの設置台数が減って、さらに光熱費も安上がりのため、お財布と健康に優しい設計方法です。

北方型というのは寒冷地の様に窓を開けない生活を指し、反対に窓を開けて通風する生活を南方型と表現する事があります。私は最終的に窓を開けない北方型の生活にたどり着いたのですが、今までの建築履歴は以下のようになっております。

  • 一軒目 低気密中断熱住宅 中堅HMで建築。使っていた建材は現在と変わらないのですが、GW断熱材に気流止めがされておらず、冬寒くて夏暑い家でした。今でも多くの建売住宅がこの水準だと思います。
  • 二軒目 Q1住宅 地場技術系工務店で建築。高気密高断熱住宅+小型エアコン全館冷暖房との衝撃の出会い。本当に完全注文住宅であったため、様々な工法や建材を知る事ができました。
  • 三軒目 i-cube この度、一条工務店にて建築。

全館冷暖房によるライフスタイルの変化

  • 全館冷暖房により窓を開けなくなった
    • 夏は省エネな1台の小型エアコンによる24時間全館冷房除湿。
    • 窓の日除けをすれば春は室内の温湿度が非常に快適。窓を開けないため網戸は不要となった。
    • 室内は主要なアレルゲンであるダニが生存できない湿度60%以下の環境を通年キープ。
    • 窓を閉めているため埃や花粉が室内に少なく、空気がきれい。
    • 夏は熱帯夜がなく、冬も脱衣所が寒くない快適な生活。
  • 全館冷房により洗濯物を外に干さなくなった。掃除が楽になった。余暇の時間が増えた。
    • 夏は室内が低湿度であるため、布団は外に干さなくてもカビは生えないためシーツのみを交換。
    • 洗濯は深夜電力で行い、洗濯乾燥機か部屋干しで乾燥するため天候を気にしない生活。
    • 窓を閉めているため埃が少なくて、掃除が楽。

光熱費が減った

画像は参考までに、現在住んでいるQ1住宅(34坪)の2015年8月の消費電力を掲載しています。二階階段ホールの8畳用エアコン1台のみで24時間全館冷房をしています。オール電化、太陽光発電なし、洗濯は全て部屋干し+洗濯乾燥機利用です。

低気密中断熱住宅のガス代+電気代の半分の光熱費(オール電化)で全館冷暖房までできるようになりました。

denki201508

熱帯夜がなくなった

全館冷房の家に住むと、夏は窓を開けると室内の湿度があがり不快になるため、窓は開けなくなりました。窓に日除けをちゃんとすれば春はエアコンいらずで窓を開けない方が特に夜間の室温が暖かくて快適です。

グラフは参考までに、二軒目のQ1住宅の2016年8月6日~7日の温湿度を掲載しています。全館冷房によって、外気温が36度になった日であっても1日中、室内は温度が26℃から27℃、湿度は48~52%と常にサラサラです。熱帯夜から開放されました。

実はこのグラフのエアコンの運転方法は再熱除湿ではなくて冷房運転なのです。1台の小型エアコンを二階の階段ホールに付けて家全体を冷房しているため電気代が安い上に、家が冷えすぎずに再熱除湿のように快適な空間になります。窓の日除けがしっかりしている家は1日中、温度があまり動きません。

onshitudo

お役に立ちましたらポチッとお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ

プロフィール

どーも、フエッピーです(・∀・)
日常のブログはこちら
本サイトは一条工務店応援サイトでありながら、一条工務店とは全く関係はございません。なお、ブログの内容に関しては自己責任で判断してご利用ください。
PAGETOP