家づくり知識

  • HOME »
  • 家づくり知識
応援ポチッとお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ


パッシブデザインの夏は快適ではない、Q値が良い家が快適とは限らない

本稿では私の設計時の留意点、特に空調や温湿度などの室内環境面の設計方法について簡単にご紹介します。また、一条工務店で設計する際の簡単な考え方を書いておきます。

パッシブデザインの夏は快適ではない

パッシブデザインとは光と風を取り入れ自然エネルギーの利用を目的とした家造りの手法であり、自然エネルギーだけでは快適性が足らないという場合は最低限の機械(アクティブ)の力を利用するという思想です。

一見、エアコンを極力使わない家と言うと省エネ性に優れる健康的な家だと思うでしょう。エアコンを使わないということは、エアコン冷房嫌いの方には朗報に聞こえますが、パッシブデザインが述べる快適性の概念は実際のところ全然快適ではないのです。

未だに、寒冷地向けの高気密高断熱住宅を温暖地に建てると夏は熱が籠って住みづらいから、窓を開けて通風を考えましょうなんて話がまかり通ってます。これは、小型エアコン1台で全館冷房ができる事を知らないためだと思います。

光(日射)を制御するというのは賛成ですが、風(通風)の利用に関しては夏は快適ではなく、湿度をコントロールするという発想が完全に抜けてしまっています。湿度が高いと人間にとって不快な空間となりカビやダニも発生しやすくなります。要するに高気密高断熱住宅をパッシブデザインすると夏が快適ではないのです。

夏に熱帯夜になる地域の市街地では近くに緑地や山がなければ、夜は気温も下がらず、住宅が密集している場合は風も効果的に得られないため、よく考えればパッシブデザインでは室温調整が難しい事はわかると思います。省エネだと信じ込んでわざわざ快適ではない家を作ってしまっているのです。

また、窓を開けないと暑苦しくて生活できない高気密高断熱住宅は防犯面や花粉症といったことに対応ができない家という事であり、窓を開けて室温をコントロールしようとする高気密高断熱住宅は設計の考慮が足りていない家と言えましょう。

このように記載している私も、2軒目に建てた高気密高断熱住宅では通風ができるようにも設計し、パッシブデザインの快適性が低い事を実感したから言えるのです。朝に窓を開けて涼風を取り込み、エアコンをなるべく使わない無冷房な生活を期待しましたが無理でした。

なぜなら、温暖地では夏の外気の平均湿度は80%にもなり、湿度が高い空間で生活する事はとても快適とは言えず、エアコンによる冷房や除湿がどうしても必要になるからです。そして、各部屋にエアコンを付けて運転すると冷房病になる人もいます。

当初は「エアコンを使わずに快適な家にしよう」と考えたのですが、エアコンを上手に使えばもっと快適になる事がわかりましたし、高気密高断熱住宅に住むという事はその時点で低気密な住宅より電気代が安いためエアコンは使うべきだと思います。

また、冬に関しても都市部は隣家が密集しているため、一階の窓から日射が取れる家などあまりないでしょう。二階リビングにすれば日射が期待できますが、窓を大きくすると、夜間や天気の悪い日は窓からゴールドドラフトが発生するため、トータルで考えると、窓は小さい方が良いとおもいます。

人間は便利すぎたり快適過ぎたりすると体が弱くなるという意見もありますが、むしろ逆だと思いますし、冬に全館床暖房の家を選んだ方はすでにその考え方は崩壊しています。多くの時間を過ごし体力を回復してくれるのは自宅です。自宅が暑さや寒さを和らげ、ぐっすり眠れるという家こそが、本物の健康住宅だと言えましょう。

私はパッシブデザインの高気密高断熱住宅が快適性に劣る事を身をもって知る事になりましたが、私が現自宅を建てた後に発刊された、この書籍にもパッシブデザインの家は快適ではないと書かれています。もっと早く発売されていたら助かったのにと思いました。

 

 

 

東京大学大学院の建築環境の研究者である筆者は、この本の冒頭に以下のように書かれています。

エコハウスはみな、快適で地球環境に優しいことを主張している。しかし、その手法はみな似たり寄ったり。つまり、「定石」があるのだ。壁を埋め尽くす「大きな窓」に、開放的な「吹き抜け空間」。通風バッチリで暑い夏も風だけでしのげるから、憎きエアコンはもういらない。そう、かの吉田兼好も言っていたではないか。「住まいは夏を旨しとすべし」と・・・・。(中略)このような「定石」に彩られたエコハウスが、今日も建築雑誌のグラビアを飾っている。(中略)筆者と研究室の学生は、かなりの数のエコハウスを実地に計測してきている。そして、その多くが「残念」であり、定石の大部分が「ウソ」である事に気付いた。

恐らく、パッシブデザインを考える人はそれを商売としているか、若しくは24時間全館冷暖房が格安で出来る事を知らないだけだと思います。例えば小型エアコン1台による24時間全館冷房はランニングコストもエアコンを小まめにオンオフする間欠運転した場合とあまり変わらす、カビや冷房病とも無縁な高温低湿度の世界です。

小型エアコン1台による全館冷房はパッシブデザインとは快適性の次元が違います。また、各部屋にエアコンを付けないため初期投資が下がりますし、冷房病にならなくて済みます。冷房のランニングコストについては再熱除湿を使わず冷房運転であれば24時間連続運転しても電気代は安いです。

初期投資もランニングコストも安く、さらに24時間寒くなく低湿度で快適な小型エアコンによる全館冷房を味わうと、雨が降ったら窓を閉め、熱帯夜になったらエアコンを利用するパッシブデザインの家をあえて作ろうとは、今の私には思えません。

また、冬季に太陽熱を利用した暖房システムをパッシブ換気と称している場合がありますが、天気の悪い日や夜間に太陽熱は取れないことから、やはり自然任せな不安定なシステムと言えます。

安定して省エネな冷暖房をするのであれば、ヒートポンプの利用や地熱の利用が確実だと思います。自然の力を補助的に利用されれるのは結構ですが、それをメインに温度や湿度を調整する家は、快適性の安定感に欠ける家なのではないでしょうか。

確実な快適性を知ってしまった今となっては、四季折々の天候に左右されるパッシブデザインの不安定な快適性は、季節感があって良いとも言えますが、季節は家の外でたくさん楽しみたいと思います。

Q値が良い家が快適とは限らない

高気密高断熱住宅に住んだ事がある人であれば、Q値やC値といった数値では表現できない体感の快適さというものがある事に気が付くでしょう。ただ、初めて家を建てる場合に体感温度まで考えて設計する人は少数だと思います

体感の快適さを追及するためには温度が全館で均一で湿度がコントロールされている必要があります。そのためには、窓からの日射熱、換気による湿度、室内温度差によるコールドドラフトの3点を制御する必要があるでしょう。

Q値が良い家ほど窓に日除けがなければ春から家に熱が籠って熱帯夜になってしまいます。冬の室内に温度差のある家はQ値が良くても足元の暖かさが物足りない家となり床暖房の設定温度を上げ過ぎれば今度は相対湿度が下がって空気が乾燥してしまいます。

春と秋の中間期は窓の外側で日除をすれば、窓を開けたりエアコンを使う必要はありません。中間期は日射制御がしっかりできた高気密高断熱住宅の室内はオーバーヒートせず、窓を開けて冷たい外気を取り入れて生活するよりも窓を閉めている方が室内が暖かくて快適な室温になります。

また、中間期は外気の絶対湿度が低いため、窓をあけて室温調整する事もできますが、花粉の飛び交う時期でもありますから、窓を閉めても生活できる窓に日除けのある家に設計しておいた方が良いでしょう。

夏は室内に熱が籠り外気の湿度も高いですが、この熱が籠る性質を逆手に取って二階に設置した小型エアコン1台で24時間全館冷房する事ができます。小型エアコンを24時間運転していても室温は27℃前後で湿度だけが50%前後に下がっていくのです。

電気代も安く、カビやダニが発生しない、ウソのような本当の世界を知れば、もはや窓を開けて通風するパッシブデザインを採用する理由は見当たりません。室内が寒くないためエアコン冷房嫌いの方にも朗報だと思います。

一条工務店の家では冬は低いQ値を活かして全館暖房がリーズナブルな電気代で実施できますが、暖房の設定温度や間取り次第で発生するコールドドラフト(冷気)という、わずか数℃の室内の温度差の対策が体感温度を左右するポイントになります。

Q値やC値を一年中活用するには、窓の日射制御、湿度管理、コールドドラフト対策を考慮する必要があります。冬の全館暖房と同じぐらい、冬以外の季節も住み心地に感動する家が高気密高断熱住宅の目指すべき姿だと思います。

窓が小さい家は個性がない?

日射制御や断熱に拘って窓を小さくすると、のっぺりとして個性の無い家になるなんて言う人もいますが、それはデザインセンスの問題です。ドイツの家はポツ窓と言われる小さな窓がポツポツありますが、あれはあれでお洒落です。

外壁材によっては単純に窓を小さくするだけではのっぺりしてしまうかもしれませんが、連装窓や家全体の窓の設置バランスを考えて個性的な家にしている家も沢山あるでしょう。

逆になんとなく窓が大きい家が多いですが、それが個性的なのかと疑問に思います。他人と違う事が個性であるなら、周りの家と同じような窓のデザインをしている方が個性がないと思いますが、個性は人それぞれですからあまり語っても意味がありません。

窓が小さいと、解放感が足りないと思う方もいると思いますが、夏に熱帯夜のないカラットした全館冷房の家にはまた別の解放感があるのです。

住み方は人それぞれ

これは理屈ではなく、冬以外は窓は開けたい、風は通したいという、昔ながらの開放的な生活を志向する人と、冬以外も窓を閉めて湿度をコントロールしたいという生活を志向する人との生活スタイルの違いです。

ただ、ぜひ知っておいて頂きたいことは、高気密高断熱住宅は設計方法や使い方次第で湿度をコントロールできるということです。日本の家作りや生活習慣は湿度との闘いであったといえますが、湿度との闘いから開放されることも可能です。

さらに、夏にエアコンの電源をON・OFFを繰り返すと、立上りに負荷がかかるため、エアコンを24時間ずっとつけっぱなしにした場合と、気密性の高い家では電気代があまり変わらない事がわかっています。

全館冷房は体がなまるとか発汗しなくなって体に悪いと心配される人もいると思いますが、ダニを抑制できる湿度60%を切っていれば、少し室温を高めた暑めの全館冷房でも良いのです。汗を少しかく温度の全館冷房がお薦めです。

全館冷房をしている家でも、ずっと家の中にいる訳ではありませんから四季は家の外で感じます。家に帰って寝る時ぐらい熱帯夜がなくアレルゲンの少ない空間で体調を整えて、日中は仕事や学業に励む方が健康的ではないでしょうか。

一条の全館床暖房は他のハウスメーカーから、過剰設備だとか体を甘やかすと不健康になるなど批評されます。一方で全館暖房をしている一条の施主内でも、全館冷房に関して同じように意見が分かれるのは不思議な話ですよね。

ただ、初めて家を建てる人は間取りや内装を考えるだけで頭が一杯になると思いますし、ハウスメーカーの提案がなければ住んだ事もない高気密高断熱住宅の使い方なんてわかる訳もありません。家は三軒建てて初めて満足すると言われるように、私のように何軒か家を建てて色々失敗を経験して、初めてわかる事もあると思います。

お役に立ったらポチッとお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ

プロフィール

どーも、フエッピーです(・∀・)
日常のブログはこちら
本サイトは一条工務店応援サイトでありながら、一条工務店とは全く関係はございません。なお、ブログの内容に関しては自己責任で判断してご利用ください。
PAGETOP
Copyright © 24時間全館冷房 F条工務店 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.