設計

応援ポチッとお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ


同じ一条工務店の家でも設計の違いで全く違う生活スタイルの家になる

既に家を建ててしまった方はスルーして下さい。もしくはもう1軒、家を建てるとすればどんな設計をするか考えてみて下さい。家を三軒建てて色々失敗を経験してきた私からのメッセージです。

一条工務店で家を建てた多くの施主は、「春の暑い時は窓を開けて心地よい自然の風を通すと快適なので網戸は付けた方がよいですよ。夏はエアコンの温度設定が28℃でも高断熱高気密なのですぐに家が涼しくなりますし光熱費も安くて助かります。冬は全館床暖房なので快適ですよ。外が冬である事を忘れてしまいます。本当に一条の家は快適です」と答える人が多いと思います。

非常に素晴らしい事です。低気密な一戸建てや賃貸住宅などから一条工務店の家に引っ越した方は格段に住み心地が快適になったと感じると思います。水道光熱費も半分程度になっているのではないでしょうか。しかし、この状態では冬以外は高気密高断熱住宅の性能を使い切っていないとも言えます。

まだ、高気密高断熱住宅には先の世界があるのです。この領域にたどり着いているのは日本でも少数の地場ビルダーだけだと思いますが、これをもって一条工務店を責める事はできません。一条工務店には全国に高気密高断熱住宅を展開したという偉業があります。そして、さらに一条工務店が究極の高気密高断熱住宅を目指すとなれば、地場ビルダーの技術を取り入れていく必要があるでしょう。

高気密高断熱住宅に住んでいる人の多くが、冬以外は窓を開閉して通風する事で高気密な性能をあまり使わない事から室内の湿度をコントロールできていない事と、窓に日除けを付けていないために熱が籠ってオーバーヒートして春から熱帯夜になってしまっています。

実は設計方法によってはコストを余り掛けずに夏の湿度を60%以下にコントロールして、春に熱帯夜にもならないもっと快適な世界が実現できるのです。ただ、日本人は窓を開けて通風する習慣があるため、その快適な世界がイメージし難いのです。日本人は窓を開けて風を通す事が好きな民族とも言えます。

しかし、常識に囚われない設計をすれば高気密高断熱住宅はもっと快適になるのです。それは一部の先進的な地場ビルダーが用いている技術を取り入れることです。同じ一条の施主でも、春は窓を閉めていると暑いという方と、窓を閉めると快適という方がいます。また、夏はエアコンを入れると湿度が80%を超える方と50%程度で快適な方がいます。

これらの事象は随分前から高気密高断熱住宅では分かっている現象なのですが、多くの方が対処療法の設計に向かい、根本治療を図る設計をしない傾向にあります。このような問題の捉え方の違いはなぜ起きるのでしょうか?

  • 例1:高気密高断熱住宅は春から室内が暑くなる
    • Aさん 部屋が暑くなるなら窓に網戸を付けて風通しの良い家を設計しよう
    • Bさん 窓に日除けをしっかり付けて室温が上がらない家を設計しよう
  • 例2:高気密高断熱住宅は冬は乾燥する(相対湿度が下がる)
    • Aさん 乾燥するなら加湿器で加湿すればよい(絶対湿度を上げる)
    • Bさん 室温を下げれば相対湿度は上がるから、室温を下げても寒くない家を作ろう(絶対湿度は上げない)

Aさんは対処療法、Bさんは根本治療という事なのですが、どちらでも良いのではないかと思いますよね。しかし、対処療法の設計をしてしまうと後々困った現象が出てくるのです。

実は私の二軒目の高気密高断熱住宅の自宅はどちらもできるように設計しました。当時の私はまだどちらが優れているか分からなかったからです。ただ、両方の生活を試した今となっては答えは明らかです。

本稿では高気密高断熱住宅の設計の違いはなぜ起こるか、経緯を含めて私なりの解釈を述べさせて頂きます。また、高気密高断熱住宅の性能を発揮する特に重要な3つの設計ポイントをご紹介します。

予備知識1 高気密高断熱住宅には南方系と北方系の生活スタイルがある

日本人の多くのご先祖は南方からやってきたという説が有力です。日本には古来から建物の耐久性や害虫駆除のために、天日干しと通風という習慣があります。高温多湿な地域に有効な生活習慣です。これは窓を開けて通風する南方系と言われる生活スタイルです。

しかし、気密測定をしてC値が1cm2/m2以下の家であれば、夏は窓を閉めて1台の小型エアコンを用いて消費電力はそれほど増やさずに、全館冷房で湿度をコントロールしてカビを予防できるようになります。この窓を開けない生活は高気密高断熱住宅の発祥地である寒冷地にちなんで北方系と言われます。

設計時に全館冷房による除湿を考慮していない場合は、南方系の通風する生活習慣でカビの発生を予防するしか手はありません。多くの方が高気密高断熱住宅の春から夏は窓を開けて生活するために網戸が必要と回答するのは冬以外の住み方を南方系で設計しているためです。

しかし、市街化が進んで周囲に山林や緑地がない場所では夏は夜でも気温が下がらず涼風は吹かない事は皆さん良くご存じだと思います。窓を開けても暑くて寝られず、窓を閉めてエアコンにタイマーを掛けて寝ていませんか?

窓を開けて通風をする自然エネルギーを利用した通風計画は都市部の住宅地の夏には破綻しやすいため、必要な時だけエアコンを使う生活から常時エアコンが使える家を設計した方が確実ではないでしょうか?

常時エアコンを利用しても冷房病にならず、消費電力も少ない家を作ればいいのです。高気密高断熱住宅ならそれができるのに、出来ないと思い込んでいる人が多いのです。

室内が暑くなると窓を開けたり、窓を閉めてエアコンを入れる温湿度調整が面倒な家よりも、ローコストに一年中窓を開けずに温湿度が安定した住み心地の良い家に住む事が悪い事でしょうか?体が鈍るという事であれば床暖房による全館暖房も同じではないでしょうか?

常時エアコンを利用するには消費電力を抑え、冷房病を予防するアイデアが必要になってきますが、既にこの方法は確立しています。多少のノウハウが必要ですが、本稿ではその方法をご紹介ます。

初めて家を建てる人が高気密高断熱住宅の性能発揮方法まで想像する事は困難だと思いますが、高気密高断熱住宅は設計次第で南方系と北方系の生活スタイルに分かれる事を理解すると良いでしょう。

予備知識2 高気密高断熱住宅は決まった3つの型に分かれる

高気密高断熱住宅は窓を開けないクローズドと窓を開けて通風を重視するオープンの2パターンの設計に分かれますが、さらにオープンの中には窓の日射制御が弱い一般的な高気密高断熱住宅と日射制御をしているパッシブデザインとに分かれます。

  • クローズドな家(窓の日射制御をして窓をあけない。全館冷房の設計をすれば湿度コントロールが可能。)
  • オープンかつ窓の日射制御が弱い家(窓をあけて通風。日射制御と湿度のコントロールができない。)
  • オープンかつパッシブデザインな家(窓をあけて通風。湿度のコントロールができない。)

オープンで窓に日射制御がない家は窓が大きくて熱が籠る高気密高断熱住宅です。大きな窓・開放的・風通し・自然素材・無垢材・調湿なんて言葉が心地よく並ぶ家だと思います。

さらに、オープンで窓に日射制御がしてあるパッシブデザインの家は自然エネルギーの活用を目指している事から、窓を開けて通風して涼を得ようとしますが湿度のコントロールが考慮されていないと思います。

一方、私の推奨は日射の取れる南側以外はクローズドな家ですが、クローズドな高気密高断熱住宅は、日射制御・湿度管理・完全部屋干しなど従来の家作りと全く異なるキーワードが並びます。

この違いは湿度のコントロールにあります。高温多湿な日本の生活においては、大昔から湿気が籠らないように風通しには工夫をしてきました。しかし、24時間ずっと窓を開けている訳にはいきません。

この解決方法は高気密な性能を活かしてエアコンで除湿をする事です。24時間除湿をするためには、窓を閉める必要がありますが高気密高断熱住宅は日射熱が籠りますから、窓の日射制御をする必要があります。

このように、高気密高断熱住宅にはオープンな設計とクローズドな設計方法があり、圧倒的にオープンな設計の家が多いですが、それは南方系の生活スタイルがもたらしたものと言えましょう。

しかし、高気密高断熱住宅の性能を1年を通じて発揮するには、クローズドな北方系の家にする必要がありますが、これが世間に理解されるまでには、まだまだ時間が掛かると思います。

設計ポイント1 ダニ対策:全館冷房

高気密高断熱住宅は冬以外の季節に窓を閉める人と窓を開ける人に分かれます。これは住宅の専門家でも意見が分かれる難しい問題です。エアコンの冷房運転が室内の温度を下げるだけで除湿機の代わりになる事すら知らない専門家もいます。

生活スタイルの意見が分かれる原因は、日本人が古くから受け継いできた南方系の開放的な生活様式や、エアコンのON・OFFをする省エネ意識が浸透しているため、全館冷房を意識した設計をする人が少ないからでしょう。

24時間冷房を入れていると冷房病になると心配されると思いますが、小型のエアコン1台を人から離れた位置に設置して家全体を冷房するため、室内は高温低湿度の空間になります。温度はお好み次第で快適にも発汗する程度にも出来ます。

家庭用のエアコンを24時間運転すると早く故障すると思う方がいると思いますが、我が家の二階のエアコンは冷暖房で利用するため年間8か月も常時運転を5年間していますが、壊れずに快調に動いています。

高気密高断熱住宅は設計次第で窓を閉めて全館冷房してダニの発生しない家にする事ができます。カビは湿度80%程度から発生しますが、ダニは湿度60%を超えると発生すると言われていますので、通風してもダニは抑制できません。

ダニは主要なアレルゲンです。これを撲滅させる根本治療は全館冷房による24時間除湿しかないのです。

設計ポイント2 オーバーヒート対策:軒、庇、スダレ掛け

高気密高断熱住宅は春から暑くなるから網戸が必要という話は聞いた事があると思います。そして、この対策は設計段階で意見が分かれます。

昔の家は深い軒の出と窓には庇がありました。なぜ現代の多くの家には庇がないのでしょうか?

庇があれば季節に応じて日射を取り入れたり、日射を取り入れない事ができます。この昔ながらの日本の知恵が現在の住宅には引き継がれてないのです。

北海道で結露防止のために開発された外壁通気工法の普及により防水シートが外壁に設置され、軒の出や庇が無くても防水が可能になりました。庇がないと家の見た目がスッキリしますし、建築コストも下がります。

深い軒と庇が無い家はモダンなデザインの家という事で消費者にも広く受け入れられているのが現状ですが、この状態で家の断熱性能を上げると春から暑い家になり、対処療法として窓を開けて通気する事になってしまいます。

根本治療は網戸を付けて窓を開ける事ではなくて窓に日除けを付ける設計が重要なのです。網戸はあってもよいですが、花粉症の人には通風する生活は辛いだけであり、窓を閉めても快適な家を設計しておく必要があります。

厚生労働省によると、花粉症を患っている人の割合は全体の25%とのことです。空気汚染とも関連も指摘されているため地域によって、割合が異なる可能性はあります。

窓から外気を取り入れたい場合は窓を開けても構いませんが、家族に花粉症の人が発生することを考えて、窓を閉めても生活できる高気密高断熱住宅であるべきなのです。

設計ポイント3 コールドドラフト対策:床暖区画+エアカーテン

冬に結露を防止するには加湿器による加湿をなるべく抑える事が重要です。そのためには室温を下げると加湿しなくても相対湿度が上がるため、室温を下げても寒くない家を作る事が根本的に対策になります。

室温が高くても暖かくない家があります。一階と二階に温度差がある家では二階から冷気が一階に降りてきます。また、断熱の弱い玄関や大きな窓から発生するコールドドラフト(冷気)が床を這うと足元が冷えて暖かいと感じる事ができません。

床暖房の区画割に関しては、家の日が当たらない部屋と断熱の弱い玄関に方向に関しては、設定温度を高くできるようにした方が良いです。家の中の温度差は2℃(出来たら1℃)以内を目標に、二階と一階の室温差を無くし、さらに同じ階の温度差を無くると空気が温度差で動かなくなるため、格段に快適になります。

リビング階段の家は特に注意が必要で、二階から降りてくる気を打ち消そうとして一階の室温を24℃以上にしている家は対処療法であり、空気が暖められて膨張すれば相対湿度が下がって過乾燥に陥るのです。

大切なのは家の中に温度差を作らずに空気の対流を止めることです。根本治療は日当たりに応じた床暖の区画割と断熱の弱い玄関や大きな窓にはエアカーテンとしてエアコンや天井サーキュレーターを設置して該当部分の床温度を上げることです。

一条工務店での設計について

まずは一条工務店のトートバッグ

仮契約すると、いよいよ設計スタートです。初回の図面を貰う際にこのようなバックを頂けます。とてもかわいらしいですね。これを持って住宅展示場を歩いてると一条の施主だということがすぐにわかります。設計が終わり最終確認である着工承諾が本契約となります。

全部が一条ルールではない

誤解が多いと思いますが、iシリーズを選択すると、一条ルールと言われる設計上の制約が多いと感じると思います。ただ、間取りに関してはツーバイ工法の制約が殆どであり、窓の大きさや耐力壁の必要性などはどのハウスメーカーで建てても同じです。

ツーバイ工法は箱のようなモノコック(構造区画)を繋ぎ合わせる工法であるため、開口部(窓など)の長さは区画の長さ4分の1の長さまでと決まっています。構造区画における床面積の上限も決まっておて、構造区画の継ぎ目が垂れ壁となります。

一条工務店の設計は尺(303mm)が基本にあります。壁の長さのピッチが455mm(1.5尺)以上にする必要があるのは一条工務店が工場生産をしやすくするためのルールだと思います。そしてマス(910mm)という言葉が良く出てきます。

そして、住設に関して一条工務店はフィリピン工場でオリジナルの住設を生産しているため、規格が決まっている住設の一部を改造する事は無理でしょう。私も浴室換気扇を排気から給気に替えて欲しいとお願いしましたが、これはOKが出ませんでした。

一条工務店の場合、本棚やクローゼットは特別な料金を払わなくても殆ど標準で付ける事ができます。フィリピン工場で作っているため内部造作のコストが安いのでしょう。ただ、標準といっても収納を増やせば坪数が増えてしまうため、無料という訳ではありません。私は家が小さい場合にこそ、部屋を広くするよりも収納を沢山取った方が部屋が片付くので良いと思ってます。

設計図はフィリピン工場(HRD)で製図される

設計士さんが打合せの後、内容を本社に確認すると言われると思いますが、実際はフィリピン工場に確認をしています。なぜなら、実際に家のパーツを作成するのはフィリピン工場だからです。工場で加工できるかを確認している事になります。

図面は打ち合わせから1週間程度でもらえますが、設計士さんに言えばデーターでもらう事もできます。毎回全部のページを印刷してもらうのも心苦しいですし、データーで貰った方が早く頂く事ができます。

稟議

工場生産であるため、標準以外の仕様は稟議を本社に提出して許可を得る必要があります。しかし、一方で注文住宅ですから室内の造作や社外品のキッチンなどを採用したいでしょう。標準以外となると設計士さんは本社に稟議書を書かなければなりませんから手間であると思います。

何でもかんでも稟議にしてしまう施主は困りものだと思いますが、どうしてもやりたい事に関しては何回もお願いしてみると良いでしょう。稟議は断られてからがスタートなんていう言葉が一条施主の間に認識されているぐらいですから。

ハニカムシェードスクリーンがオプションの場合は?

iシリーズはハニカムシェードは標準ですが、一条工務店ではハニカムシェードが標準でない商品モデルもあります。その場合はハニカムシェードを付けずに、後付けになるかも知れませんが、内窓(インプラス等)がお勧めです。

ハニカムシェードは断熱性能が高いですが、不織布で出来ているため水蒸気が簡単に通過してしまいます。冬はハニカムシェードによって室内の暖かさが断熱されて外窓の温度が下がります。ハニカムシェードを通過した水蒸気は冷えて窓の結露の原因となってしまいます。

インプラスのような内窓は水蒸気を通し難いため窓の結露がし難い事と、内窓は防音効果が抜群です。また、窓に日除けを設置する際にも内窓があると内窓と外窓の間にスダレを設置する事ができるため、窓で暖められた空気が入ってくる事が防止できます。

冬に体感温度の高い間取りの作り方

床暖房のような輻射暖房にすると快適になるなんて言われてますが、それだけでは感動する暖かさの家にはならないでしょう。家中の温度が1℃以内と均一になっている高気密高断熱住宅と各部屋の室温がバラバラになっている高気密高断熱住宅では体感温度=住み心地が違います。

設計にあたっては土地の立地条件からみて、車を止める位置と玄関と階段の位置を考えるとほぼ間取りは決まってしまうと思います。そして一階と二階の廊下を少なくすると室内が広くなることになります。狭い土地であれば廊下をどれだけ少なくするかが設計のポイントとなると思います。

ただ、トイレはリビングに隣接されるのは困りますから、トイレは居室に隣接しないように居室のドアの外に設置した方が良いでしょう。i-シリーズでは階段の下にトイレを入れる事もできますが、廻り階段の下にトイレをピッタリ納めると狭いです。

二階の間取りを考えるとおおよその階段の位置が決まってきます。リビング階段という手もありますが、冬は冷気が下りてきますから、後述するコールドドラフト対策が必要になってきます。

玄関ホールは最低2マスは必要でしょう。そこにトイレ、階段、リビングへの入口を設ければだいだいの間取りは決まってしまいます。南玄関にすると南側に部屋を作る事が難しくなりますから、玄関は北寄りになりやすでしょう。

玄関は断熱が弱いため冬は冷えます。分厚い玄関ドアもトリプルサッシの半分程度の断熱性能しかありません。一条ハウスの性能を過信せず、階段や玄関ドアから冬季は冷気が発生すると考えないと、床暖の設定温度を高くせざるを得ないでしょう。

一条施主の間においても、以前の家と比べると暖かいと思う人と体感温度として本当に暖かい感じている施主に分かれていると思います。家のQ値が良い=暖かい家という訳ではありません。ぜひ、数値からは分からない体感温度の高い家を設計しましょう。

体感温度を上げるにはコールドドラフト対策が必要です。部屋の温度差の目標は1℃以内、大きな窓を設けたいのであれば、エアコンの風が窓にあたる若しくは冷気の流れを押し返す設計が良いと思います。

リビング階段も二階を温めないと二階から冷気が下りてきますから、二階と一階の室温を1℃以内を目標に調整して空気が対流しなくなるようにする事が必要でしょう。

玄関は冷えますから、断熱性能の高い玄関ドアを採用する事と床暖房の区画の割り方を工夫して玄関ホールの設定温度を高くするか、エアコンや天井サーキュレーターからの風がコールドドラフトの通り道に通るようにするとよいと思います。玄関ホールが広い場合は玄関ホール小型エアコンを設置するもの良いでしょう。

なお、床暖房以外にエアコンを動かすと電気代が上がると思うのは逆で、ヒートポンプ機器は分散して1台当たりの負担を減らした方が燃費は向上するのです。

高気密を通年で利用する設計

冒頭に記載してある設計ポイントを纏めると以下に掲げる項目を意識することになります。窓を1年中開けずに高気密を通年で利用する生活スタイルがお薦めです。特に花粉症の方には最適でしょう。

これは一部の優秀な地場ビルダーが実施している手法ですが、性能に優れる一条工務店の家にこの手法を取り入れる事は施主次第では可能です。そして、私が二軒目に建て、全館冷暖房を実施している高気密高断熱住宅の生活をもとにした意見です。

高気密高断熱住宅は自然任せのパッシブデザインではなく、体感温度の優れた設計に加えて市街地での風通しを期待しない確実性の高いアクディブな設計がゴールとなるでしょう。また、花粉症の方にとっては通風で室温調整する家は辛いだけです。

結果的に窓を開けることがほぼ無くなるため、網戸は必須ではなくなります。地震等で電気が止まることに備えて網戸はあっても良いですが網戸は最低限の設置で良いと思います。

窓はお好みで大きく開放的にしても良いですが、窓の日射制御と冬は窓際が冷えるため、エアコンの温風が通る設計にするなど、それなりの設計をする必要があると思います。全ての部屋の窓を大きくすると高気密高断熱住宅のコントロールが難しくなるため必要な部分だけ窓を大きくしてデメリットを解消する設計をすべきでしょう。

C値=1.0cm2/m2以下

気密性能に関しては設計方法ではないのですが、ハウスビルダー選びのとても大事なポイントなのであえて記載しています。

気密性能の指標であるC値ですが、ほとんどのハウスメーカーが気密測定をしません。一条工務店では社内基準で中間検査時に0.7cm2/m2以下となっておりますが、1.0cm2/m2以下の気密性能の家でないと本来は高気密住宅とは言えないと思います。

家の広さである床面積(m2)に対して建物全体の隙間がどの程度(cm2)あるかということを表しています。本物の高気密住宅では家中の隙間を全部足してもハガキ1枚の面積にもなりません。多くのハウスメーカーが謳っている高気密はウソなんです。

家の隙間が大きい家は冷暖房費が多く掛かるという事に加えて空気がしっかりと引っ張れないため換気がしっかりできない事が問題でしょう。ペットや子供、老人などを抱えている住宅ではしっかりとした換気ができる家が必要になってきます。

気密性能を上げるのには材料費はそんなにかかりませんが、関係者への教育と工事の管理徹底が必要であり、知識不足や工事を現場に丸投げしているハウスビルダーではできないのでしょう。要するに工事の施工精度や管理のレベルが高くないという事です。

気密測定をしないハウスビルダーの説明は、この地域では不要とか、そこまでいらないとか、施主がC値の保証を要請しても受けてくれない事が多いです。とても納得できるものではありませんから、C値1.0cm2/m2以下を保証できるハウスビルダーと契約しましょう。

窓の外側に日除けを付ける

昔の家は屋根の軒が大きく出て、窓にも庇が付いていました。これは主に雨漏り防止のためだったのですが、現在は防水の技術が進化した事から、軒や庇がない家が増えてしまいました。

ここに住宅の高気密高断熱化が進んできた事により、日除けのない窓からの日射侵入により春からオーバーヒートして熱帯夜になる家が増えています。ロスガードは初代のダイキン製には普通換気(バイパス)機能があったようですが、現在のロスガードにはバイパス換気機能がないと思われますので、梅雨前から窓に日除けは必要になってくるでしょう。

一条工務店では温暖地においては遮熱ガラスや西側は遮熱ハニカムを採用していますが、日射を遮るには十分ではありません。特に日当たりの良い南側の部屋は春から蒸し暑くなります。

なぜなかと言えば、日射は窓の外で遮る場合と室内で遮る場合では倍以上も効果が違うからです。解決方法は窓の外に小型の物干し金物を付けてスダレを掛けることだと思います。

一条工務店にはアーバンルーフという庇がオプションで設定されていますが、金額が高額である事と、庇の場合は豪雪地に向かない事から、窓の上に簾掛けを設定する事が最適であると考えられます。

南以外の窓は大きくしない

何となく開放的だと思って、大きな引違窓や掃出窓がついた家が多いと思いますが、これが高気密高断熱住宅の場合はオーバーヒートやコールドドラフトを招きます。勝手口に大きなガラスのドアを付ける方が多いと思いますが、特に必要のない窓やドアは減らした方が冬の寒さ対策になります。寒冷地では特にコールドドラフト対策は重要でしょう。

窓の外に景色が見えないなら、大きな窓を付ける必要はありません。また、日当たりが良い家であっても、人通りが多い方向の窓は日中にレースカーテンを閉めざる得ないため、日射が十分にとれません。

すなわち、大きな窓を付けても効果が得られず、むしろ大きな掃出窓は夜間に冷気が発生するというデメリットの方が大きくなってきます。実際は腰高の窓や小さな窓で十分な場所にも関わらず、無理に大きな窓を付ける必要はないと思います。

南側は正面から日射が入るため窓に日除けを付ければ日射制御は簡単なのですが、実は東西側からも南側と同じぐらい日射が入ってきます。家の全部の方向の窓に簾を掛けるのは手間ですから、南側以外は最初から窓を大きくしない方が良いでしょう。

南側においても、一階に掃出し窓を設置した場合に、その上部に90センチ出幅のバルコニーがあっても、春分(3月20日頃)には、窓の5分の4は日射が入ってきますから、どうしても掃出し窓が必要な場所でなければ腰高の窓にした方が良いでしょう。

明り取りや眺望という意味の窓であれば、腰高以上の窓で十分です。高い位置に窓があると北側でも明るいため、南以外の窓は高い位置に小さく付けることがコツだと思います。掃出し窓は熱の損失が大きいため少ない方が良いでしょう。

窓が小さいと窮屈と考える方も多いと思いますが、窓を大きくするデメリットもありますから、両方を考慮したサイズを検討されると良いでしょう。また、引違の窓は気密と断熱が若干さがるためFIXや開き窓の方が性能が良いです。

窓は開けない(花粉症対策含む)

私は高気密高断熱住宅に住んでから最初の夏は窓を開けて通風を試みましたが湿度が高くなってしまい快適ではなかったため、窓を閉めてエアコンを24時間運転する方式の方が快適である事がわかりました。花粉症の方は特に窓を閉めても蒸し暑くならない快適な家が必須でしょう。

窓の外側に日除けを付けて窓を閉めれば外気の肌寒い春と秋は室温が丁度良く暖かくなります。そして、梅雨から夏は全館冷房、冬も全館暖房をするとなると、窓を開ける機会がなくなってしました。

窓を開けて外の気持ち良い空気を入れたいと考える人が多いと思いますが、高気密高断熱住宅にはもっと快適な世界があるのです。空調された室内での生活を体験してしまうと窓を開ける方が快適ではないので、私はもう窓を開けようとは思いません。季節を楽しみたい時は外に出て楽しめば良いでしょう。

なかなか理解して頂けないと思いますが、全館暖房をしている際中に窓を開ける方はいないのと同じように、冬以外の季節も窓を開ける気がしなくなったのです。なぜなら、窓を開けないと非常に室内が快適になるからです。

冬は家中の温度差1℃以内を目標

このレベルまで意識して設計された高気密高断熱住宅は少ないと思います。ISOの7730では人間は頭と足付近で3℃違うと不快に感じると言われています。室温をいくら上げても足元が寒い家はなにか物足りない感じがする家という事になります。

冬の展示場でトリプルサッシの周りにいても寒くないと感じると思いますが、展示場は室温の設定が高いためコールドドラフトが分からないと思います。入居宅訪問の時に放射温度計で床、壁、窓、天井を測ってみるとわかると思います。

床暖房を入れているから大丈夫という事ではありません。床暖房の各区画の温度設定の問題なのです。一階と二階という縦方向もしくは一階や平屋の場合は横方向の区画ごとの温度差がコールドドラフトの発生源です。

暖かい空気は上に昇り、冷たい空気は下にさがります。区画間に温度差があると空気が動いて入れ替わってしまい、室温の高い区画の足ものには冷たい空気が流れ込んで来ます。

各居室の温度差が1℃以内になるように床暖房の温度設定をすると、空気が動かなくなり体感温度が上がります。他に冷気が発生するのは玄関と大きな窓です。玄関は(浴室も)室温を高く設定できるように床暖房の区画を分けると良いでしょう。

大きな窓がある家の場合はエコアンを併用して、エアコンからの温風が人に当たらずに窓に向かう位置に設計すると快適になると思います。トリプルサッシといえども大きな窓を希望する家はそれなりの設計が必要だと思います。

夏は24時間全館冷房で家中を除湿

小型エアコン1台による全館冷房はほぼ良い事しかありません。初期投資とランニングコストが低いにも関わらず、高温低湿度で冷房病や熱帯夜と熱中症がない環境が作れます。エアコンの設置場所には若干のノウハウが必要です。

夏は湿度を60%以下に維持することで主要なアレルゲンであるダニの発生およびカビの発生を抑制する事ができます。唯一の欠点は、二階のエアコンからの涼気が各部屋に行き渡るという事はロスガードから屋外に排出されるべき空気が戻っている事になります。

ただ、現自宅で生活してみて人の集まるリビングで1200ppm程度ですから、建築物環境衛生管理基準で推奨される居室内のCO2濃度1000ppm以下よりも若干高く、学校環境衛生基準にある1500ppmは超えないという状態です。

一条施主の中でも狭い居室に2名いると1000ppmを超えるという報告もあり、恐らくどのハウスメーカーの家でも同じだと思います。3000ppmを超えるようであれば息苦しさを感じると思いますが、1000ppm前後では生活に支障はないと思います。

洗濯物は完全部屋干し

夏に全館冷房をしているメリットとして室内に洗濯物を干すと屋外に干すより早く乾くという事です。これは外気の方が湿度が高いため当然の結果と言えますが、早く乾くという事は生乾き臭が発生し難いという事になります。

洗濯物を干すためにサンルームを設置する方もいると思いますが、サンルームは室外ですから、洗濯物を干すなら湿度をコントロールできる室内に場所を確保した方が良いでしょう。

実際に現自宅では1年を通じて部屋干しだけで洗濯物を乾かしていますが、特別な洗剤を使わなくても臭いは発生していません。今回、i-cubeを建築するに当たりベランダはなしにしてしまいました。現自宅において使った事がないからです。

雪国の方で冬季に全館暖房をしていて室内に洗濯物を干している方には部屋干しでも臭いが気にならない事は理解できると思います。また、夏は全館冷房をすることで、ダニを発生させないという事も部屋干しの重要なポイントでしょう。

完全部屋干しをするには部屋干し空間が必要になってきますが、最大の利点は洗濯が天気と時間に捉われなくなるという事です。外が雨でも夜遅くても関係がないため、共働き世帯では生活にゆとりが生まれると思います。

室外機の位置と騒音に注意

テレビでも取り上げられていましたが、騒音の発生源が一条工務店の家という場合が多いそうです。なぜかというと、24時間床暖房を運転している家が多いからです。一般的にはまだ24時間ずっと暖房している家は少ないと思います。

エアコン、床暖房、エコキュート等のヒートポンプを使った製品には外部と熱交換するために室外機というものが設置されていますが、低周波騒音や振動音といった室外機からの音が問題となります。

隣家の方が夜も眠れないという事になると今後のご近所付き合いも円滑にならないでしょうし、設置場所によっては自宅側でも騒音を感じます。老人がいる家庭では一階に寝室を移しているケースが多いです。

オール電化や24時間全館冷暖房の家にする際には、設計時点から自宅と隣家の居室部分ではない場所を選んで、室外機を置く必要があるでしょう。必要に応じて隠蔽配管をして隣家の迷惑にならない場所に室外機を設置すると良いでしょう。

最後に

私の設計方法をみると、一般的な住宅設計からは随分変わっているなと感じるかもしれません。しかし、私は注文住宅を三軒建ててここにたどり着きました。C値が1.0cm2/m2の高気密高断熱住宅は二軒目になります。

世間から見て変わった設計に見えるのは全館冷房を体験しているかそうでないかで家の設計思想がまったく変わるからだと思います。ぜひ、冬の全館床暖房の感動に勝るとも劣らない全館冷房を設計に取り入れる事をお勧めします。

本物の高気密高断熱住宅であれば24時間全館冷暖房をしても、従来の家の半分以下の水道光熱費となります。全館冷暖房は贅沢とかそこまで必要ないと遠慮する必要はもうありません。ぜひ、四季すべてに感動する住み心地を手に入れる事を願っています。

お役に立ったらポチッとお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ

プロフィール

どーも、フエッピーです(・∀・)
日常のブログはこちら
本サイトは一条工務店応援サイトでありながら、一条工務店とは全く関係はございません。なお、ブログの内容に関しては自己責任で判断してご利用ください。
PAGETOP
Copyright © 24時間全館冷房 F条工務店 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.