コスト

参考になりましたらポチッとお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ



注文住宅は建物以外にもお金が掛かる

土地、地盤改良、建物(本体+オプション費用)、給排水、工事諸費用、外構、登記、保険、カーテン、家電など様々な費用が掛かります。一条工務店で建築するにはまず手元に契約金100万円と諸費用精算用の預り金80万円が現金で必要になってきます。

一条工務店で建築する際に費用を抑えるには

一条工務店は地盤改良の判定が厳しいと言われていますが、土地購入前に無料で地盤調査をしてくれますから、地盤改良(70万円~150万円目安)が必要のない土地を購入すると費用が抑えられるでしょう。

古家付きの物件は解体費用が発生しますし解体後の地盤調査となります。擁壁が必要な傾斜地は擁壁設置費用が多額に掛かる場合があるため要注意です。一条工務店は坪単価は上昇しましたが、土地に手を加える必要がなければ、建築費を抑える事ができると思います。

土地の前の道路が狭い場合や間口の狭い土地の場合は、建設に大型クレーンを使うiシリーズは難しく、軸組工法の商品を勧められると思います。また、3トントラックが入れないような場合は特別運搬費用が発生します。

兎に角、土地に手を加えると中間マージンも発生し、建築費用はどんどん膨れていってしまいますから、一条工務店で費用を抑えて家を建てるには土地やその周辺の道路が関係してきます

一条工務店で建築する際に最初に必要なお金

まず、設計開始の仮契約時点で100万円必要でした。そして設計が終わり本契約である着工承諾までに80万円の預り金というものが必要でした。これは一条工務店が工事中に施主に代わって立替する費用を先に預けるという制度です。

一条工務店の場合は最初は仮契約という形態を取りますから、仮契約で支払った100万円の資金は家を建てた人は建築費用に充当され、着工承諾前に契約解除した方は返金されますが、設計費用10万円など掛かった経費は差し引かれるようです。

まずは、180万円の手持ち資金が必要という事になりますが、盗難や社員の不正を防止するために現金ではなく、すべてお客様個人ごとに作成される振込口座(バーチャル口座)への入金となります。振込手数料は差し引いて大丈夫です。

私は初めて展示場に行く前にネットで情報を調べたのですが古い情報を見ていたようで、最初に現金100万円が必要だと勘違いして、展示場に最初に行ったときから契約する気で、現金100万円を持って行ってしまいましたが、現金だという事で受け取ってもらえず、後日振込となりました。

仮契約から引き渡しまでは1年~1年半程度だと思います。フィリピンの工場で建物を部品化して生産をしている関係から、上棟枠というものが各地域ごとに設定されていて、枠が空いている場合は早く工事ができるようです。

一条提携業者

解体工事、外構工事に関しては手違いが起きると困る事から一条工務店の指定業者の利用を要請されると思います。ただ、自分の責任でもっと安い業者にお願いするという事であれば、提携外業者を利用する事もできますが、その場合は一条公務店の管理下に置かれない事から、工事の手配や問題の調整は施主が行う必要が出ていきます。

登記

登記は自分で行ってもそれほど難しい事ではありません。法務局の方も相談に乗ってくれます。ただ、住宅ローンを利用する場合は、担保設定があるため、通常は自分でやらせてくれません。一般的には30万円程度は必要になると思います。

  • 滅失登記・・・古屋がある場合(これは自分でやらせて貰えると思います)。
  • 建物表題登記・・・家が完成した後に登記簿に登録をします。
  • 所有権保存登記・・・建物表題登記された建物の所有者を登記します。住宅家屋証明書が必要です(市役所)。
  • 抵当権設定登記・・・所有権保存登記された建物にローンの貸主が抵当権(担保)を設定します。
お役に立ちましたらポチッとお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ

プロフィール

どーも、フエッピーです(・∀・)
日常のブログはこちら
本サイトは一条工務店応援サイトでありながら、一条工務店とは全く関係はございません。なお、ブログの内容に関しては自己責任で判断してご利用ください。
PAGETOP