参考になりましたらポチッとお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ



本日は、一条工務店がホームページに掲げる「健康な家づくりのポイント」と実際の施主の住み方がかなりズレているという話です。施主が最初から分かっていてズレているのであれば良いのですが、住んでから気が付くと結構ショックだと思います。

 

一条工務店の家は窓を開けないコンセプト

 

(出典:一条工務店)

上記は一条工務店が提唱する「健康な家づくりのポイント」です。全く以ってその通りであり、高気密高断熱住宅の基本を忠実に述べていて、高気密高断熱住宅の特性を俯瞰している方が編集したということが伝わってきます。

健康な家づくりのポイント」には、一年中、健康で快適に暮らせる家づくりを実現するには”という前置きがあり、その中に、「①気密性を高める」、「③湿度管理を行う」とありますから、これは基本的に窓を開けない生活を表していると思います。

 

しかし、実際には春と秋といった中間期に窓を開けている家が多い。

 

窓を開けることが悪いと言っている訳ではなく、暑くて窓を開けざる得ない高気密高断熱住宅が多いということです。逆に言えば高気密高断熱住宅の問題点を解決していくと、春や秋と言った中間期に窓を開けなくても温湿度が安定する空間になるということであり、実際に一条工務店が窓の網戸について、外気の湿度が低い北海道地区以外はオプション(有料)にしていることは、私は正しいと思います。

 

高気密高断熱住宅の設計は窓に網戸がない状態での室温調整方法を考えると上手く行く。

 

施主が窓に網戸を付けて窓を開けるのは良いのですが、中間期に窓を開けないと暑くて過ごせない、もしくはエアコンを利用しているというのであれば、どこかに高気密高断熱住宅にそぐわない部分があるということですが、この状態の高気密高断熱住宅は結構多くむしろ一般的とも言えます。

高気密高断熱住宅の熱が籠るという特性は多くの方がご存じだと思いますが、窓に網戸を付けると室温調整は大丈夫だと安心してしまい、別の手段を用意しようという発想が湧かなくなると思います(コストが大きく掛かる話ではないのです)。

そして、高気密高断熱住宅においては夏季はエアコンを使わないと暑くて生活ができないため、エアコンを利用している時間は窓をしめますが、窓をあけて涼しくなる時間帯はエアコンを切って窓をあけるという人も多いでしょう。ただ、この時の部屋の湿度は一条工務店が提唱する湿度40~60%を超えていると思います。

では、なぜ一条工務店が提唱する「①気密性を高める」、「③湿度管理を行う」と「実際の施主の住み方」がこんなにもズレてしまうのでしょうか。ズレの要因は2点から起きていると推測していて、これは一条工務店に限らない問題ですが、根本的には消費者のニーズや生活習慣が要因だと思います。

 

 

ズレの始まりその1:窓

(出典:一条工務店ホームページより)

ここでは、「①気密性を高める」について考察いたします。上記の画像はスッキリとしたお洒落な外観から一条工務店躍進の立役者ともいえるi-smartです。大きな窓に惹かれてi-smartを選んだ方も多いでしょう。

ただ、この外観は高気密高断熱住宅では問題を起こします。この外観は消費者が好む家ではあると思いますが、その前に熱が籠る高気密高断熱住宅であるという事を忘れてはなりませんし、最近の一条工務店はさらにウレタン断熱材で断熱性能をアップしています。

この外観における、一番の問題は屋根の軒や窓の庇がなく、日除けのない大窓が多用されていることであり、窓から日射が入って外気温が上昇する春には室温が28℃を超えて窓を開けないと過ごせない状態になるのは当然でしょう。

この対策として窓を開けることに備えて窓に網戸を設置している人が多いですが、恐らくスッキリとした外観を損なわずに中間期のオーバーヒートを回避しようとしているのだと思います。

中には網戸が付いていること自体がカッコ悪いとか引違い窓は窓の中心に窓枠があるからカッコ悪いという人もいて、デザインに対する好みは難しいなと感じます。デザイン重視の方はFIX窓を効果的に使ってますしね。

解決策としては、日射が廻り込んで斜めから入ってくる南側以外の窓は少なく小さくすることが手っ取り早い対策で、人感センサーで照明が点灯して、プライバシーを重視する必要がある脱衣所やトイレなどは窓はなくても良いのかも知れません。

そして日射が直進して窓から入ってくる南側は二階の窓の日除けとして屋根の軒をできるだけ伸ばすということ、一階の窓の日除けとしてシェードやアーバンルーフを設置することです。これが高気密高断熱住宅設計のセオリーなのですが、外観で家を選ぶ人が多いため全然浸透していません。

 

ソーラーパネルを載せる場合は片流れの屋根になると思いますので、実際に建つ家には軒が付く場合が多いですが、標準でできる範囲で屋根の軒は目一杯伸ばすことをお勧めします。これは3月の状態でゴールデンウイークには窓は軒の日影に覆われます。

 

一階の南側の窓にはお洒落なシェードを設置するための金物を設置する方が増えていると思います。難点として毎年シェードを設置するのが手間であることと、強風時は外した方が安全だという点です。

 

私はシェードを張るのが面倒なのでアーバンルーフを南側の窓の庇と設置していますが、難点はアーバンルーフが1箇所10万円程度の高額オプションだということです。このようにゴールデンウイークには窓は日影に入り、かつ窓から外の景色が見えます。

 

ゴーヤなどの植物で窓のグリーンカーテンをしようと計画する方がいますが、高気密高断熱住宅のオーバーヒートの開始時期は4月下旬からなので、植物による日射遮蔽では間に合いません。

そして、窓に覆いかぶさるようにシェードやスダレを取る付けると、窓から外の景色が見えなくなります。まして、窓の外に日除けがなくてハニカムシェードやカーテンを一日中閉めている家では何のための窓だかよくわからない状態になります。

特に日中に吹抜けの窓のハニカムシェード閉めてしまったら、外の景色が見えなくて非常に勿体ない状態になりますから、吹抜けの窓の上の屋根の軒を伸ばして窓に日影を作ると良いと思います。

高気密高断熱住宅において、冬以外の季節に窓から景色を見たいのであれば、窓の外側で窓を覆わないように日除けを設置する必要があります。

ただ、すべての窓の日射制御をすることは難しいため、南以外の窓は少なく小さくして遮熱ガラスのみの日射制御とすることが簡単だと思います。窓は小さくても高い位置につけると室内が明るくなりますから高い位置に小窓を付けると良いでしょう。

いかがでしょうか?一条工務店の提唱する1年を通じて「①気密性を高める」ということが、窓の日射対策をしないと実現できないことがお分かりいただけましたでしょうか。

そして、気密性と切っても切れないものが、次に説明する湿度管理となります。梅雨から夏にかけては窓を開けても外気が湿潤で室内の湿度が下がらない状態になりますが、一条工務店は窓を閉めてエアコンを使うように推奨していると思います。

 

 

ズレの始まりその2:除湿

次に「③湿度管理を行う」についての考察です。これは実際には相当難しいのです。なぜなら、施主の省エネ志向と一条工務店ですら気が付いていないと思われるエアコンメーカーの冷房運転における仕様変更の問題があるからです。

 

上記のように、夏は湿度を60%以下に抑えるとカビやダニの発生を抑制できることが分かっています。ただ、これは簡単にはできません。また、ロスガードは湿度交換をしているだけで除湿機能はありません。

窓を開けて換気をしても、夏の外気の湿度は80%程度と高く、窓を閉めて除湿機を長時間使えば除湿機からの廃熱で室温が上昇して暑くてたまらない状態になります。除湿機は暖房器具だと思った方が良いです。

では、エアコンを使って除湿すれば良いではないかと思うでしょうが、これも高気密高断熱住宅では非常に難しいのです。

 

 

上記のように、28℃でも湿度が低ければカラッと快適とありますが、暑がりな人には26℃程度が良いでしょう。ただ、室内を高い温度で湿度を低くするのは実はとても難しいことなのです。

まず、施主がエアコンを24時間連続運転することに対して消費電力が大きく増えると誤解している人が多い事と、冬季は全館暖房を実施する割には夏季の冷房には極端なコストセーブをする方が多いという点です。

冬季に全館床暖房をしている人においても夏季の全館冷房は贅沢だとか体の機能が衰えるという人がいますが、何だか一条工務店の床暖房を批評する他のハウスメーカーようです。また、私の全館冷房の目的の第一は電気代でも快適性でもなくて除湿です。

また、住宅のことを良く知らないエアコンメーカーの人などが、エアコンを使って湿度は50%程度まで除湿しましょうなんていいますが、高気密高断熱住宅に向いているエアコンとそうでないエアコンがあることはあまり知られていません。

少しの冷房エネルギーで室温が下がる高気密高断熱住宅に住むと、室温が下がれば相対湿度が上昇するという空気の特性を物凄く感じることができます。それは、空気中の水分量が変わらなくても、空気は温度によって容積が変わるからです。

電車で例えると、60人の乗客が乗っている電車の場合、温度が高い空気は120人乗れる車両だとすれば乗車率は50%、空気が冷えて狭い車両に縮み80人しか乗れない車両になってしまうと、乗車率は75%と混雑した状態になります。

同じ乗客数(水分量)なのに、乗客率(相対湿度)が変わります。これが気密性の高い住宅の中の空気を温めたり冷やすと相対湿度が変化する現象です。高気密住宅に住むにはこのことを知っていると生活がしやすくなります。

そして、この空気中の水分の割合の変化は実生活に影響がでます。湿度100%は結露が発生する露点ですが、そこまでいかなくても、空気中の水分の割合が増えるとカビやダニなどの生物は活発になります。

 

 

なぜ、簡単に湿度を50%にできないかというと、エアコンを冷房運転すると部屋が冷えすぎて寒くてたまらないということが1つの要因です。高気密高断熱住宅ですから、少しの冷房エネルギーで部屋が冷えます。

では、高気密住宅ではどうやって湿度を下げるかというと、室温を下げ過ぎない冷房方式があり、それが上記が画像にある「再熱除湿方式」です。「再熱除湿機能」は除湿して冷えた空気を温め直していますので消費電力が多めです。

床暖房に付いてくる長府製作所のRAYエアコンにはこの「再熱除湿機能」がついていますが、一階リビングに設置する方が多いことから、冷気は二階に昇らないため、二階まで涼しくならないという問題が起きます。

解決策としてオプションの「さらぽか空調」を選択するか、RAYなどの「再熱除湿機能」が付いたエアコンを二階の階段ホールか吹抜けに設置してしまうことですが、こうすることで一台のエアコンで家中を除湿することが可能となります。

 

 

窓を開けずに室温調整をするためには、エアコンを利用することが省エネですが、エアコン1台で24時間全館冷房すれば、室温があまり下がらずに家中の除湿ができるため、各部屋にエアコンを付ける必要がなくなり、コスト的にもメリットが大きいです(自己責任でお願いします)。

我が家は電気代の高い「再熱除湿機能」を使わずに「冷房運転」で梅雨も全館除湿を実現していますが、天気が悪くて室温が上昇しない時に「冷房運転」の場合は室温が低下する事があるため、室温の下がらない「再熱除湿機能」があるエアコンを設置すると良いでしょう。

さて、「③湿度管理を行う」において最も問題なのは、一条工務店が用意するオプションのエアコンには「再熱除湿機能」がついたエアコンがない(2016年8月着工承諾時点)ということです。もちろん、オプションにないエアコンはメーカーと型番を言えば見積りということで一条工務店に依頼することができますが、普通の施主は出されたエアコンのメニューから選んでしまうと思います。

それに追い打ちをかけるように、もう1つの問題点は最近のエアコンは各メーカーの省エネ競争において、温度を少ない消費電力で下げるために、除湿機能をスポイルした仕様に変更しまったことが問題を拡大しています。詳細はこちらの記事にございます。

 

 

最後に

(出典:一条工務店

上記の円グラフは住宅のシェアを表しています。これだけ家の作り方には多様性があり、コストの問題もあってなかなか高気密高断熱住宅に統一するという状況にはありません。

そして、一条工務店の提唱する住み方と、i-smartなどの商品開発コンセプトが違うじゃないかとお考えになる方もいると思いますが、「消費者が好む外観の家」と「あるべき高気密高断熱住宅の姿」との間には「まだ距離がある」ということなのです。

一条工務店には分かっているならそれを先に教えてよと言いたくなる施主もいると思いますが、「家は性能」の一条工務店の施主においてすら、冬の全館床暖房利用時と夏のエアコン利用時以外は高気密な生活には興味がない人が多く、高気密高断熱住宅の究極像を追い求めることだけが家作りのすべてとは言えないでしょう。

家は三軒建てないと満足できないという言葉がありますが、三軒という経験や失敗をすれば施主の価値観も変わって行くのかしれません。私の場合は二軒目において窓はまったく開けない生活に変わり、そして三軒目の家はバルコニーを設けないという形で、初めて家を建てた頃と価値観が大きく変わって行きました。

さて、今回の記事は私が前から述べていることを繰り返し書いているだけに過ぎませんが、多くの方のデザインの好みと日本人の窓を開けるという生活習慣、そして再熱除湿機能付きエアコンの必要性という、高気密高断熱住宅における問題点との相関関係がお分かり頂けたと思います。

こういった知識は本来は大量生産を行う大手ハウスメーカーのものではなく、小さいけれど技術のある設計事務所や工務店が持っているノウハウです。でも、施主が少し勉強すれば、一条工務店においてもこういったノウハウを導入した家づくりは可能です。

そして、一条工務店に地場工務店のノウハウを持ち込んだ我がi-cubeが一条工務店の提案する「健康な家づくりのポイント」にピッタリ当てはまっている事実から、窓とエアコン使い方が高気密高断熱住宅の重要な設計ポイントだということが分かります。

これから家を建てる方は、土地の立地条件を考慮して、ご自身の価値観と共に高気密高断熱住宅の問題点を重ね合わせて、デザインの優れながらも住み心地に優れる家の設計を楽しんで頂ければと思います。

 

本日は以上でございます。

 

お役に立ちましたらポチッとお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ