参考になりましたらポチッとお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ



本日はさらぽか空調の中間期の挙動についてでございます。

中間期の高気密高断熱住宅の実態

まず、冷暖房が不要な中間期(春と秋)の高気密高断熱住宅について説明します。一条工務店の家は春は暑くなると言われていますが、これは設計次第で回避が可能です。

しかし、一条工務店のノーマルの設計のままでは窓に日除けがないため遮熱ガラスを用いても、温暖地では5月から気温の上昇と日射熱でオーバーヒートして熱帯夜になる家もあるでしょう。

この状態では窓を開閉できないペットやお年寄りが在宅している家においては春からエアコンを使わざる得ないことになってしまいますが、エアコンを居室内の人に近い常識的な場所に設置すると今度は冷房病になる人がでてしまいます。

一条工務店の家は断熱性能が良いため、エアコンを少し利用すれば室温を低下させることができることから、窓の外に日除けを付けるという、高気密高断熱住宅の基本が疎かになっていると思います。

そのために、中間期の過ごし方が難しくなってしまい、網戸が必要かどうかがよく議論になります。窓を開けたい方は網戸を設置しても良いと思いますが、その前に大窓には必ず窓の外での日除けの設置が基本です。

 

さらぽか空調を採用すればいいじゃないか

一条工務店にはさらぽか空調という全館冷房システムがオプションで用意されています。さらぽか空調は床冷房とデシカント換気扇というセットで成り立っていますが、このシステムは中間期にも万能なのでしょうか。

デシカント換気扇は除湿と保湿が可能ですが冷房機能はありません。保湿とは加湿ほどの能力はないということです。冷房は床冷房を利用することになり、部屋が暑いからといって床冷房を運転しても輻射式なので、空気を冷やすエアコンに比べると、すぐには涼しくはならないでしょう。

私もさらぽか空調を採用する際にエアコンは廃止できないと思いますと一条工務店から言われています。それは、急な温度上昇を調整する機能がないからです。

しかし、私はさらぽか空調のスペックをみて、夏にエアコンを利用しない生活は可能だと思っています。ただ、その条件として窓からの日射熱を遮ることが必須となるでしょう。

以下は、さらぽか空調の取扱説明書の消費電力部分を抜粋したものです。

換気においての消費電力はロスガードと同等の90Wとなっています。1ヵ月で1,750円と結構な出費です。温暖地ではロスガードは冬季以外は省エネとは言えませんが快適性を高める贅沢装備と言えましょう。

0.09kWh×24時間×30日×単価27円=1,750円

そして、除湿に関しては標準値が490Wとなっています。もちろん常時この消費電力と言う訳ではありませんが、エアコン1台の再熱除湿を上回る消費電力であり、単純計算だと最大で1ヵ月で9,500円と高額です。

0.49kWh×24時間×30日×単価27円=9,525円

そして、さらにここに床冷房の消費電力が加算されてきますが、夏は平均の内外気温差が冬季に比べて少ないため、温度である顕熱(けんねつ)の冷房負荷はそれほど多くないと想定されます。

除湿量は計算すると、100m2の家で1日では28.5リットルとなり十分な性能があると想定されますから、さらぽか空調の問題は室温の制御にあると思います。

 

さらぽか空調の運転モード

さらぽか空調の運転モードは以下の4つですが、取扱説明書には換気モードの動作について細かな記述がなく、正直どう動くのか良く分かりません。まだ、さらぽか空調はモニター導入という段階であり今後詳しい取扱説明書になることを期待したいと思います。

  1. 自動・・・ 換気の熱交換と共に除湿と保湿の切り替えが自動で行われる。
  2. 換気・・・ 熱交換はするが中間期はバイパス換気に近くなる。除湿保湿はしない。
  3. 除湿・・・ 換気の熱交換と常時除湿をする。
  4. 保湿・・・ 換気の熱交換と常時保湿をする。

さらに、さらぽか空調には自動モードにおいては「快適」と「ひかえめ」とあり、これにより除湿量が変わってきます。

換気モードは一条工務店からはバイパス換気と熱交換が自動で切り替わっていると聞いていますが、取扱説明書に具体的な条件の記載がありません。

私としては熱交換換気扇には、おかしな運転モードが自動で選択されないように、純粋な除湿加湿のない熱交換モードとバイパス換気モードの両方があると良いと思います。

 

消費電力を測ってみた

取扱説明書に細かな記載がない現状では消費電力や温湿度を測ってみないと挙動が良く分かりません。そこで、我が家はHEMSがないので、後付けの電力モニターをデシカント換気扇に設置してみました。

換気モードの消費電力

まずは、中間期に原則はバイパス換気になるはずの「換気」モードですが、右の電力モニターには0.063kWh(=63W)と表示されています。カタログの90Wより少ないのは家の大きさによると思います。

概算電気代/月額:0.063kWh×24時間×30日×単価27円=1,224円

中間期において、ダニの発生が懸念される室内の湿度が60%を常時超えないのであれば、この「換気」モードが省エネだと思います。

自動モードに切り替えた直後

自動+ひかえめに切り替えると「除湿中」という表示が出て、すぐに消費電力が上昇して、0.469kWh(=469W)と定格の490Wに近い数値になりました。

概算電気代/月額:0.469kWh×24時間×30日×単価27円=9,117円

自動モードが安定した状態

自動モードが安定してくると、「除湿中」であっても252W付近で消費電力が安定していました。さらぽか空調を採用した家はこの状態になっていると思いますので、太陽光パネルを載せていない家は想定外の電気代の請求が来るかもしれません。梅雨に入るまでは「換気」モードに切り替えた方が良いかも知れません。

概算電気代/月額:0.252kWh×24時間×30日×単価27円=4,898円

まだ、十分なデータが取れていませんが、中間期はデシカント換気扇が人間が思う以上に除湿が必要と判断してしまうと、電気代が増える可能性があります。うーん、操作パネルに消費電力が出るといいですね。

太陽光パネルを搭載している方は、一条工務店の夢発電アプリで消費電力が見えますから、「自動」と「換気」モードを切り替えて家全体の消費電力を確認してみてはいかがでしょうか。

 

最後に

さらぽか空調を採用した場合であっても、ノーマルの設計ではエアコンなしでは過ごせないでしょう。特にウレタン断熱材を採用した超断熱のiシリーズⅡは中間期の住み心地が悪化しかねません。

その理由は繰り返しになりますが窓の日除けの有無です。網戸を付けるお金があるのであれば、網戸は一部の窓に限定して、残りのお金を大窓の日除けの費用に回した方が良いでしょう。

冬季に全館暖房をしている一条工務店の施主においても、夏季の全館冷房には賛否があるようですが、高断熱化を進めると日射と内部発熱による室温上昇が増えるため、最終的には全館冷房にならざるを得ません。

そして現状のノーマルの日射制御の設計では、さらぽか空調とエアコンの併用は避けられないため、施主から見れば設備投資がずっと二重になってしまいます。この二重投資は大きな問題だと思います。

さらぽか空調は窓に日除けをすれば、エアコン1台分の再熱除湿程度の消費電力だと思いますが、誰にでも全館冷房を提供できる優れたシステムになる可能性があります。

限界までの省エネ性を狙うのであれは、床冷暖房は小型エアコンには敵いませんが、エアコン全館冷暖房はノウハウが必要であるため、システムの完成度という点では問題が残ります。

これから私は、エアコンを使わないさらぽか空調が成立するかを確認して行きます。そして、さらぽか空調を止めて、6畳用のエアコン1台での全館冷房を併せて実施します。

この2つのシステムを比較して、高気密高断熱住宅の全館冷房の将来像を考えてみたいと思います。

本日は以上でございます。

お役に立ちましたらポチッとお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ